SHIINBLOG

読書、旅行、音楽など

読書、旅行、音楽について

2017(平成29)年9月を振り返る

①1~2日:日本海・下関旅行中

②10日 :北朝鮮建国記念日(これと翌日の9・11等、北朝鮮地政学リスクが顕在化。日米間で温度差も)

③11日 :政府保有日本郵政株売り出しについて財務省発表

④14日 :同上についての説明会、藤圭子浅草国際劇場ワンマンショー初日(S45)

⑤28日 :大学堂(文京区本郷)

これが最も思い出に清かである。

<年表>

S7  東京大学正門前で開業

S50 先代他界

S61 本郷三丁目交差点(現在地)でも一般書を扱う店舗開業

   「伝票がこんなに(7cmくらい)あった」「多忙でレジが回らなかった」

   「千円レジで打つ時は慣れずに手が狂った」

S61?正門前店、立ち退きにより閉店。蔵書はオークションで売却し離散

 

「昔の教授は本をこんなに高く積んで勉強していて近寄りがたい雰囲気があった。書庫、縁側、書斎付きの家に住んでいるものだった」

「最近の教授はアパート暮らしで学生と同じ勉強の仕方をしている」

→「最近は何かおかしい」

「書店側はいくらでも高いレベルに持って行ける。お客さん次第」

→武道や警備において、上級者は初心者の力量が分るが、初心者は上級者の力量がえてして分らないものである、という話を思い出した。

 

近くに東京大学があるので付言すると、今の状態であっても「東大生だ、おおーっ」となる人が残っているということは、まだ東京大学に期待する人が存在するということである。大学一般のみならず東京大学にも期待する人がいなくなる時、それは日本において学問・教育が終わる時でもある、と思った。東京大学への期待を薄れさせないよう、東京大学の学生はそれこそ昭和一桁時代の様に勉強することを目標にしてやってほしい、と思う。同じ法学つながりで言うと、現在本郷界隈の法学書専門店「伸松堂(しんしょうどう)」の店内に入ったならば、当時の「勉強」のレベルが垣間見えて為になる。そこにあるような本を高く積み上げて熱心に頁をめくる姿は、鬼気迫るものではなかろうか。そんな教授・学生だからこそ敬意を持たれたのではなかろうか。

 

……結局勉強の話になってしまった。。。

Remove all ads

「あなたと二人散った街」の所

秋庭豊とアローナイツ(S48)/中の島ブルース

中の島ブルース 秋庭豊とアローナイツ - YouTube

 

長崎はよく歌になるが、S38~S50の13年間で見てみると、

春日八郎(S38)/長崎の女

青江三奈(S43)/長崎の夜 ……初めて聞いたのは藤圭子版だった

中井昭・高橋勝とコロラティーノ(S43)/思案橋ブルース……角川博も合う

内山田洋とクールファイブ(S44)/長崎は今日も雨だった

瀬川瑛子(S45)/長崎の夜はむらさき

秋庭豊とアローナイツ(S48)/中の島ブルース(S50以降大阪・長崎追加)

を筆頭としてかなり多い。

 

S40年代の歌手さんは歌声が各自個性豊かで色がある印象がある*1。なんでだろう。歌手さんの年齢がS45年で30歳前後、各地旅館・キャバレー・健康ランド等でのデビューを18歳とすると、S33年前後から歌を披瀝していたことになる。復興も終え、ラジオから洋楽も入ってきて久しいという時代の下で、客の反応がすぐわかる場所で長く歌っていると、各自客が楽しむように楽しむようにと工夫を重ねて個性がついてきたり、色をまとったりするようになるのだろうか

「最近の歌は」とよく言うがいわゆる演歌以外の曲はそんなことは全くなく、いわゆる「演歌」が「上手いカラオケ程度」になっていると思われる。客が悪いのか、歌手が悪いのか、作詞家・作曲家が悪いのか、音楽会社が悪いのか、理由はなんだろうか。

*1:上にリンクを貼った曲でいうと「あなたと二人 散った街」の部分は素人離れしているし、こんな風に音程を取るという発想がそもそも自分には生まれない

Remove all ads

日本郵政株式会社は

郵政民営化委員会議事規則」第六条二項・三項により「郵政民営化委員会」*1の議事録は非公開に出来るため、殆ど閲覧できない。参考になるのは委員の発言ではなく、財務省金融庁等の官僚による彼らに向けた説明と付属資料なのだ。

今月(平成二十九年九月)十一日にも政府(財務大臣名義)は日本郵政株式会社(日本郵政Gの持株会社)の保有株式を、手持ちが1/3を下らない範囲で売り出す(郵政民営化法第七条一項に定める保有義務による)(第二次売出し)。 ブックビルディング方式。GC(グローバルコーディネーター)は大和証券野村證券、GSの三社。

市場が消化不良となり値崩れするのではないか、日本郵便株式会社(=旧・郵便事業株式会社+旧・郵便局株式会社)は郵政民営化法第七条の二一項で万年赤字事業たる郵便局や郵便ネットワークの維持が義務付けられているが、このままにするのか等、日本郵政Gの将来は見えない。その巨大性(店舗数一位、預金量一位)故に他企業との兼ね合い上「完全民営化」も出来ず、「公社」にも戻れず、将来ビジョン無しにその巨躯を持て余しているように見られる。

*1:郵政民営化法(H17)」第十八条。委員の大部分は文章についてケチを付けるばかりで内容についての質問があまり散見されないのは面白い。

Remove all ads

日本海・下関旅行

8月末~9月頭に行った旅行で勉強したことについて。

 前半はJR西日本/金沢総合車両所松任本所(旧・松任工場)の一般公開に行ったり(27日)、旧・出雲国出雲郡に行って旧・出雲国ついて勉強したりした。

【金サワ/松任本所】

  配線を見に行ったが、思ったよりも単純だった。国鉄車両の三角コーナーと化していた。f:id:DiesIrae:20170908002943j:plain

 

【旧・出雲国

 

 「水運」がキーだと感じた。というのも、当初出雲大社は川合(川がY字に合流する合流地点)にあったり、近くまで神門内海が侵食していたりと舟が安全に停泊できる環境にあり、海洋貿易上極めて優位な立地にあったから。
 以下の話が印象的。
 ①糸魚川で採取されたヒスイ(奴奈川姫)が日本海経由で出雲郡に輸入されたということとこの地で銅戈(八千矛=大国主命。※大陸でいう「矛」と異なる)が作られたということを奴奈姫と八千矛の結婚(古事記)で表している可能性がある。
 ②荒神谷遺跡(出雲市斐川町神庭)で銅剣358本(国内最多)、銅鐸6個、銅戈16本が出土した。尚、それぞれの大多数に×印が付いているが、奈良県で出土する出土品からも同様の印が見られる。意味は不明であるが、既に出雲国大和国に亘る「連絡」が見られるのが恐ろしい。加茂岩倉遺跡(雲南市加茂町岩倉)では39個(国内最多)の銅鐸が入れ子になった状態で出土し、同様の印が付いている。問題となる材料の銅であるが、当時日本に銅山はなく、大陸から輸入した可能性が高いという。

 広大な海洋貿易圏を感じさせる。現代の感覚で見ると島根県は不便な地、と思うかもしれないが、「海運」という切り口で切ると、東西日本・大陸が日本海経由でつながれた「街道」にある。それにしても、祭祀目的とはいえ近隣の部族が358本もの銅剣を持っていては脅威である。複数部族の対立を抑えるため、緩衝地帯に埋めた等の説もあるそう。自分は、他部族に侵略された際奪われないように隠匿しているのかと思った(実際この説もある)。
 「水運」以外にもすごいと思ったのは数理的能力である。出雲大社の本殿を始め、一々数字で距離・大きさ等が出雲国風土記で詳述されている。出雲大社本殿の階段(一町=109m)は、途中に楼門があったとされることを考えると疑問だというが。

 出雲古代歴史博物館で参考資料*1を買ったので、それを読んで詰めていきたい

 

後半は山陰本線山陽本線等に乗ったり、主に旧・周防国及び旧・長門国を廻って益田氏や萩藩等について勉強した。

 

長門国

 

①本山岬
 旧・長門国の本山岬(小野田線本山支線長門本山駅から徒歩30分くらい)に立つと、左は宇部、正面~右側は四国~国東~関門海峡(全然海が見えない)と一続きの山脈のように見えた。水運的には絶好の地であろう(この瀬戸内地方で回天の演習や残存軍艦の停泊があったのも納得)。海に行くと、波の引き際、さーっと黒い粒が移動する。波紋の黒い。これはどうやらどこかで石炭が露顕しているようだ(そういえば八幡製鉄所でおなじみの八幡は海の向こう)。また、古墳時代の蛸壺も打ち上げられるというから、探したら、あった。放射性炭素等で年代を同定したいくらいだ。

 

赤間神宮
 境内に入ったと同時に水天宮の上の部屋で雅楽が始まった。境内の展示によると、水天宮があるところは海だったようだ。白い所が海に水没している景色を海からみたら、さぞかし美しいだろうと思う。当然だが、平家物語を読んだうえで行った方が面白い。薩摩守・忠度など、屏風のネタがマンネリ化(失礼)している気がした。それにしても、平家物語で絵を描くといえば「那須与一」「忠度」等、最近はこの手の「定番ネタ」が全般に通じなくなったのはなぜだろう。鉄道のタダ乗りのことを「薩摩守」というなど、以前は古代から現代までの連続性があった気がする。

 

周防国

 ①大寧寺 
 大寧寺で自決した大内義隆は本当に悔しかったろうと思う。姿見に池を見て、自分の顔が映らないことを見ないと決心もできなかったろう。そう思いながら山道を上っていると見たことのない大きな白い鳥が山から下りてきて境内を一回りしたのち、境内の高木の頂上に留まったのが印象的だった。大寧寺までの参道に多くのお地蔵さんが並んでいて(しかもそれぞれ顔が異なる)、おかげで道に迷わず行けた。西国四十八箇所の御利益兼道しるべの役割があるのだ。昔の人は合理的だ。

 

②萩藩(=長州藩
 萩藩は、特に毛利斉元・敬親の財政改革(「仕組(しくみ)」といったそう。天保二年(一八三一年)の農民一揆に衝撃を受けて)が関心を引いた。藩債(現在でいう地方債か)の償還を急いで利息が付利されるのを防ぐなど、斉元の細やかな財政改革が見られる。萩城内の祖霊社に「厳封」で「(名指しこそしないものの)斉煕(なりひろ)に神罰を」等と書いていることからして、自分の知らないところで豪奢を極め、家臣に不満を募らせ、農民一揆まで招いた斉煕に対する怒りが見られる。斉煕は、実子・斉広(なりとお)と将軍家斉の娘・和姫を結婚させることで自身と斉広が「少将」位を得るなど、財政危機時にすべきでない事をしていた(当然、挙式や贈答にカネがかかる)。個人的には、手元のカネが無いのであれば、藩債を償還するよりも寧ろ長期債をバンバン新発すべきだと思った。時代を下って、明治政府成立後は「一部の藩債については全て債務不履行(デフォルト)とする」等の政策が取られ、藩政と比べ明治政府の財政は初歩的な感がした。このあたりの財政について、もっと詰めていきたい。

*1:島根県古代文化センター(H28)『解説 出雲国風土記(第4版)』今井出版。当時の詳細地図も付いていてとても分かり易い。

Remove all ads

2017年(平成29年)8月を振り返る

 2017年(平成29年)8月を振り返ります。

 

<行事>

一、【1日~4日】広島旅行
 呉に行き、呉線全線と山陽本線等(海田市~小倉)に乗ってきた。行きは久しぶりに臨時夜行快速「ムーンライトながら」に乗った。エコノミー症候群を防ぐため、浜松駅で撮影大会が開かれ、大垣駅で徒競走が行われるイベント列車。他の旧・鎮守府設置都市と異なり、割と戦時中についてあっぴろげな感じ。他の都市はむしろ未来志向(現在・将来の自衛隊について理解を深める等)の感じがするが、呉は「軍都」という感じが今でも結構した。IHIの工場を見たときに特にそれを感じた。

二、【15日】松戸駅金町駅常磐線)配線図作成
 車両センターが絡んでも配線は複雑にならないが、貨物線が絡むと配線は一気に複雑になると実感した。

三、【27日~翌月3日】日本海・下関旅行
 詳述した記事有。

 

<学習>

「資産流動化」「証券化」等について主にやった。参考書は以下。

・高橋正彦(H27)『証券化と債権譲渡ファイナンスNTT出版

・旧・西村総合法律事務所(現・西村あさひ法律事務所)(H15)『ファイナンス法大全(下)』商事法務 ※上巻は最近新版が出来しました。

 証券化等については詳述しないが、思ったのはむしろ関連法制(倒産法制・信託法制等)の多岐にわたる法知識が必要だということで、そのため並行して信託法・破産法等を今後一層進めていきたい。

 それ以外について圧倒的に勉強時間が不足しているが、これはひとえに自分の怠慢によるものなので、気を引き締める。

 租税法・金融商品取引法関連法令はまだ手薄なので、そちらも来年中にはやりたいが。。。

 

<音楽>

 なぜかglobeにはまった。globe(H9)/Wanderin' Destinyが神憑りの状態だと思う。この頃は長期信用銀行等、金融機関が生き残りをかけて合併を繰り返し、大変な時期だった。

Remove all ads