SHIINBLOG

読書、旅行、音楽など

読書、旅行、音楽について

前川清

前川清内山田洋としてデビューしたころは、例えば「長崎は今日も雨だった」では最後の「雨だった」の部分のように、高音に上がる時に女声っぽくなるのが魅力の一つ(ロスインディオスもそのケある)で、藤圭子も「前川清さんは人間として格が違う」「歌唱の参考になる」みたいなことを言っているが、「長崎は今日も雨だった」に関しては当時、藤圭子渋谷公会堂公演でのが一番上手かったと思う。

 

藤圭子 長崎は今日も雨だった 昭和45年10月 渋谷公会堂 - YouTube

 

この曲に限らず、本公演、所々、記譜から(ワザとかたまたまか)音をはずして歌うのが好き。そのほか、音程だけでなく、「銀座カンカン娘」の「指を指されてカンカン娘~」の部分とか、大変うまくリズムを操っている。

 

藤圭子は本公演あたりがピークだったが、いっぽう参考にされた前川清は1995?~2002が絶頂だとおもう。まさに「脂の乗り切った」時期(実際歌っている時額に汗かいている)。

 

前川清 熱唱!「中の島ブルース」ほか9曲/2000 - YouTube

 

特に「流行歌」はちょうどこの時期、い~いタイミングで出された名曲だと思う。歌いこなせるのは彼しかいないのでは。たぶんデビュー直後の内山田洋ならとても歌えない。他の歌手も絶対無理だと思う。「おまえを追いかける」あたり、この曲はいい歌手にいいタイミングで会ったな。

しかしながら、2004年以降急速に老け込んだように見え、2000年前後の信じられないくらいいい歌唱(声質の問題か)が聴けなくなったのを見ると、本当時間の無情を感じる。

 

それにしても、前川清のように歳を重ねるたびに表現力がついてくる歌手(山口百恵もこっちだと思っている。最後、「夜のヒットスタジオ」で歌った「THIS IS MY TRIAL」は凄まじい)と、藤圭子のように出た時が一番上手い歌手の違いは何なんだろう。

 

山口百恵 最後の出演 - YouTube(番組全て)

 

Remove all ads

1970年代の雰囲気

花の中三トリオとか見てると、現場で芸能人が楽しそうなんだよな。1970年代は。飛びぬけて実力ある歌手が多かったから*1、相互に刺激になっていたのかしら。

 

70年代アイドル大集合! 「ビューティフル・サンデー」 - YouTube

渚のシンドバット - YouTube

 

1977年くらいまでが最高で、なんかピンクレディーとかでてからおかしくなった気がするけど(紅白の曲みても1977年くらいからあれと思う)、踊りメインになっていったから?

ビューティフル・サンデーの転調した後の最後の、トランペット、"H~HGisFis~G、H、H~GisFis~Gis”ってやつ(音感ないから実音違うかも)、すきだわ。

*1:逆に1990年代~2005くらいはなぜこんなにも荒涼としているのか

Remove all ads

2016年度秋冬における勉強内容と参考書まとめ

記録のためと参考のため。

 

【法学編】

憲法

休止中

 

民法

内田貴民法ⅠーⅣ』東京大学出版会

伊藤真が選んだ短答式一問一答1000民法Ⅰ(総則・物権・親族・相続)』法学書院

 

<刑法>

西田典之『刑法総論』『刑法各論』弘文堂

山口厚『刑法』有斐閣

判例刑法総論』『判例刑法各論』有斐閣

 

民事訴訟法>

まだ買ってない

 

刑事訴訟法

上口裕『刑事訴訟法』成文堂

 

行政法

芝池義一『行政法有斐閣

 

【経済学編】

ミクロ経済学

ノート

奥野正寛『ミクロ経済学』『同演習』東京大学出版会

 

マクロ経済学

ノート

吉川洋マクロ経済学岩波書店

 

【数学編】

マセマの微分積分(演習編も)

『経済学のための数学入門』

 

【会計編】

財務会計

桜井久勝『財務会計講義(第十七版)』中央経済社

斎藤静樹企業会計ディスクロージャー東京大学出版社

 

【外国語編】

<フランス語>仏検、DELF,DALF

仏検の赤本(富田正二の)

『フランス語そのままつかえるフレーズブック』

『フランス語基本熟語集』

杉山利恵子『中級をめざす人のフランス語文法』←Dictée用

 

<英語>IELTS,TOEFL

きわめたん4000

TOEFL,IELTSの本

 

ポルトガル語

ニューエクスプレス

 

<ドイツ語>

『新ドイツ語文法』朝日出版社←あまりやってない

独検用の単語帳

 

ラテン語

いつか復習するかも

 

デンマーク語><アラビア語

放置中

 

 

今週まではフランス語の比率が90%だが、来週以後は授業に準拠した学習+ポルトガル語となり、フランス語は休み。さんざフランス語ばかり仏検に向けて飛ばしてきたため。

Remove all ads

「藤圭子劇場(CD6枚組)」を買いまして

f:id:DiesIrae:20161101014148j:plain

10月19日から出荷開始の「藤圭子劇場(ソニーミュージック)」を買いまして、聴きました。46年経ってやっとCD化。特に渋谷公会堂公演CD化に関しては意義が大きい。これの値段はいろいろ入れて1万2000円くらいだが、1万は渋谷公会堂公演、1500円は新宿コマ公演、500円が残り3枚分という感じに思われる。

 

CDをかけた瞬間に一番ゾッとするのは、LPでもそうだろうが、「池袋の夜」の前奏。

「港が見える丘」「星の流れに」「銀座カンカン娘」と最初の方で連続で歌っている。この部分が一番好き。「港が見える丘」は、ソプラノサックス(オーボエ?)の音が思ったよりも遠くから聞こえる。そして、特に「銀座カンカン娘」を聴いて思うのだが、藤圭子(と、宇多田ヒカルも)の白眉は、リズムの調節力(リズム感)とアーティキュレーション(発音)ではないだろうかしら。例えば「星の流れに」3番の発音。

  ルージュ 悲しや 唇噛めば

  闇の 夜風も 泣いて吹く

テンポよりも引き気味で歌って泣いている。そして、特に、「闇の」の部分は(それ以外に於いても日常的にみられるが特に)、「や」が「子音、というかこの場合は半母音(i)+母音(あ)」に分れて聴こえる。「唇噛めば」の後の空白に対して、ヌッと子音/半母音をすべり込ませて、母音でビブラートをかけて情感を出す。特に夜電灯を消し

て聴くと、眼前に終戦直後の東京の闇空が(それと心の闇を掛けているわけだが)展開するような心持になる。

 

リズム感は、「銀座カンカン娘」などのルースな曲を聴くと分るが、0.1秒単位で早く出る、遅く出るということが出来る。頭でいちいち考えていてはとても歌えないから、おそらく感覚的に出来る。この点、宇多田ヒカルもそう。

 

これらのリズム感・発音は、苦行苦行のドサ回りで、客の反応を見ながら身に付けたのだろうか。今のテレビと違って、歌った瞬間に観客から(または家の人から)表情を通してレスポンスが返ってくるから、最も人々の心にくるように歌うようその場で修正されていくのだろうか。それの成就か。

 

にしても、さよなら藤圭子公演は、高音が下手というか、Nでアクセル踏んでいるような。歯応えが無いというのか。支えの低音が問題なのか?(それまでは低音でタメて、高音で展開するような歌い方) 聞いてられない。

 

 

 

 

 昔のだけでなく、宇多田ヒカルマーラーブラームスもちゃんと聴いています。

上手すぎてなんとも言えない。

宇多田ヒカル - This Is Love (Live Ver.) - YouTube

Remove all ads

【反省シリーズ】2016年10月を写真で振り返る

一、12日【紫式部日記絵巻@五島美術館

f:id:DiesIrae:20161028211908j:plain 

着色すると綺麗だ。全部こうして着色したものをつくってほしい。鮮烈な青。

 

二、23日【旧逸見浄水場

f:id:DiesIrae:20161028212141j:plain

航空母艦のいずもはおいといて

 

f:id:DiesIrae:20161028212333j:plain

旧海軍の逸見浄水場。横須賀水道の。いろいろ水道用の橋梁・トンネルが各地に残っていて、技術レベルの高さが分る。それよりも、建築様式も西洋の最先端を意識しているのが驚き。「西洋並み」と認められるには、技術レベルだけでなく藝術レベルも求められていた雰囲気だったのか?

 

f:id:DiesIrae:20161028212708j:plain

こんなのみると、もう終わった時代を想い起させるね。本当によく頑張ったけど、もう終わったはなし。

 

三、23日【渋谷公会堂公演】

f:id:DiesIrae:20161028212915j:plain

f:id:DiesIrae:20161028213022j:plain

当時19歳で、生涯最高、世界最高のうたごえ。

生涯最高なのに、マスターテープが劣化するまま打ち捨てられているのが悔しかったが、

f:id:DiesIrae:20161028213213p:plain

f:id:DiesIrae:20161028213302p:plain

10月23日にあわせたのかしら?

もうこれでわたしは成仏。

 

Remove all ads

2016年10月末時点の勉強状況

今やっている勉強は、大別すると以下の通り。()内は使用参考書よ。

 

{1.大学の授業関係}

ミクロ経済学(授業ノート)

マクロ経済学(〃、吉川洋マクロ経済学岩波書店

会計

微積分(マセマ)

 

{2.外国語の資格}

TOEFL、IELTS】

・TOEFL4000(アルク)→きわめたん5000

TOEFL90点、IELTS6.5くらいとらないと。受けたことない。

仏検2級】

白水社の過去問→赤本

・『中級を目指す人のフランス語文法』のディクテ

・『フランス語基本熟語集』→『フランス語そのまま使えるフレーズブック』

・『仏検準1級・2級必須単語集』→単語カード#1~#250くらい

 

{3.法学関係}

民法】・内田貴

【刑法】・山口厚の教科書と橋爪隆の授業

→【民訴】【行政】あたりをこの後。

 

全部楽しいけど。

Remove all ads

【反省シリーズ】2016年8月を写真で振り返る

振り返ると、8月は長かったなと思える。

 

一、8日【横須賀本港・長浦港に行く】

f:id:DiesIrae:20160902050101j:plain

たまたま横須賀地方隊南極観測用砕氷船「しらせ」(AGB5003)がいた。第一護衛隊群第一護衛隊護衛艦いずも(DDH183。横須賀)はまあいるだろうと思ったが実際行ってみているのを確認すると嬉しかった(横須賀に寄港初日に偶々見た)。しらせの隣にいるのは第一護衛隊群第五護衛隊護衛艦たかなみ(DD110。横須賀)。浦賀ドックで最後に建造された船舶。浦賀ドックは設計部門に親戚が勤務していた。

 

二、11~12日【会津旅行】

f:id:DiesIrae:20160902050430j:plain

幕末の会津藩(松平容保施政下)の勉強の為行った。実際は事前の読書に負う部分が多かったが、色々会津側の考えと私の考えの相違も見られてそこが面白かった。例えば、松平容保は鳥羽伏見の戦いで逃げた腰抜けで、白河城・猪苗代城をすぐに捨てたり日光方面の戦闘に戦闘経験の少ない西郷頼母を投入するのを許可したり、使えない人物だと私は思ったが、諸所の解説板にはそうは書いていなかった。西郷頼母鶴ヶ城落城時みなが対策を練っている中「全員自決!」と騒いだ上、一家を心中に陥れながら自分は生き延びたとんでもないヤツ、と思ったが、寧ろ現地では「和平を唱えた和平派」ということになっていた。

 

三、同じ。

f:id:DiesIrae:20160902051009j:plain

583系N1・N2編成臨時快速あいづ。横浜に何度も来たり、最近縁が深い。今年で解体だな。先頭車に乗車。翁島あたり、会津磐梯山が良く見える。

 

四、通時【読書】

f:id:DiesIrae:20160902051420j:plain

特に中公新書が多かった。以前の記事「【2016年8月】今月読んだ本」参照。

Remove all ads